安く仕上がりがよい

オリジナル手提げ袋と、その印刷費用

最近話題となっている広告方法として、オリジナル印刷の手提げ袋があります。これは、商品購入者へ商品を渡す際にオリジナルの手提げ袋を使用するというものです。これは、商品購入者はもちろん、その手提げ袋を見た人への広告効果も期待でき、非常にコストパフォーマンスの良い広告方法として、今話題となっています。その手提げ袋での広告が今話題となっている背景として、いくつかの理由があります。一つは、印刷の際の価格が非常に手軽な価格で印刷ができるということ。印刷するデザインや手提げ袋の大きさ、発注する枚数などにもよりますが、手ごろなものだと1枚あたり100円台から印刷ができ、希望により箔押し等のオプションもつけることが可能です。

なぜこれほど手軽な料金で利用ができるようになったのか

以前はオリジナルの手提げ袋というと、大ロットでの発注がメインで、また、その1枚あたりの印刷価格も今と比べて高額なものでした。ですが現在、印刷技術等の向上により、少ない発注枚数でも気軽に製作することができるようになり、個人事業者やオリジナルグッズを作りたい人等にも手が届きやすくなっています。また、価格は安くなっていますが、選択肢は昔よりも広がり、手提げ袋の素材もナチュラル系素材や防水系素材はたまたビニール素材など等幅広く、デザインも高級感を感じる箔押し加工やマットな加工など、選択の幅が広がることにより、更にイメージ通りの手提げ袋が印刷できるようになりました。今や、広告のコストパフォーマンスを考えるなら、オリジナル印刷の手提げ袋は必須といえるでしょう。